筋トレを続けるのって正直しんどいですよね…?

ただでさえ仕事で忙しかったり疲れているのに、筋トレの時間なんて取れない人が多いと思います。

そんな筋トレが続かない理由は人それぞれあるかと思いますが、僕の考えるたった1つの解決策で全ての原因を解決することができます!

 

問題解決をするためには、まずは徹底的な原因分析が必要だと考えています。

なぜかと言うと、やみくもに解決策を実行しても原因にうまく突き刺さらなければ、その問題は解決されないからです。

ですので、まずは上手くいかない原因を分析して、その原因を解決出来る策を実行するのが、正しい問題解決の方法です。

 

実際に僕は今までに数々の困難を乗り越えて、問題解決・目標達成してきた経験があります。

例えば、偏差値40代から努力し東北大学に現役合格したり、大学時代には中学から続けてきた柔道で全国大会優勝もしています。

このように実績を書くと自慢っぽくなってしまうかもしれませんが、これも正しい問題解決の方法を繰り返し行ってきたからだと考えています。

 

今回の問題は、僕が本気で向き合ってきたトレーニングに関する問題解決なので、解決策にも自信があります!

実際に僕の解決策で筋トレが続かない全ての原因を解決出来るか検証もしてみました!

現在、筋トレが続かなくて悩んでいる方は、ぜひ僕の解決策を参考にして下さいね!

 

筋トレを続けるためのたった1つの解決策とは?

もったいぶっても仕方が無いので、早速筋トレを継続するための解決策をお伝えします。

それは、『筋トレで結果を出すための正しい知識を身につけること』です。

何かで結果を出すためには、正しい方法で努力をする必要があります。

 

僕の話をすると、僕は高校に入った時に英語の偏差値が47しかありませんでした。

しかし、高校1年生の時に英語を教えてくれた先生は、僕にメチャクチャ本気で英語を教えてくれました。

授業中に寝ている生徒がいたら「君はおろかだねぇ…」となじったり、ブチギレて怒鳴り散らす緊張感のある授業をする先生でした。

先生の授業のすごいところは気迫だけでなくて、指導法が論理的で無駄の無い効率的なものだったということです。

そんな先生の授業を半年間受けて迎えた模試では、英語の偏差値がなんと62になりました!

この時に僕は、『正しい方法で努力すれば結果は出ること』に気付きました。

 

また、中学の時に柔道を始めたのですが、最初は全然強くなれずに、毎日「練習行きたくない…柔道辛い…辞めたい…」と思っていました。

そんな状態の時に、先生から相手を投げるためのアドバイスをもらって、「まあ、やってみるか…」と思って試してみたところ、今まで投げれなかった相手を投げることができました!

その感覚と喜びは今でも覚えています!

その後、段々と相手を投げられる回数が増えてきたことで、柔道が楽しくなってきました。

結果が出てくると楽しくなり、楽しくなるとさらに研究したり努力したりするので、さらに強くなるといった好循環に入り、メキメキと柔道の実力も高まっていきました。

この時に僕は、『結果が出れば、楽しくなって継続出来る』ということを学びました!

 

つまり、筋トレでも、

  1. 筋トレで結果を出すための知識を学ぶ
  2. その知識通り実践する
  3. 効率良く最短で結果が出る
  4. 結果が出る喜びや楽しみを知る
  5. 楽しいので継続出来る!

といった好循環を自分の力で引き起こすことが可能になるのです!

 

筋トレで結果を出すために必要なことは3つあります。

それは、『効果的な筋トレ・必要量の栄養摂取・適切な休養』です。

これら3つのうちどれかが欠けても、筋トレで結果を出すのは難しいです。

筋トレで結果を出すための方法はコチラの記事で詳しく説明しているので読んでみて下さい!

【筋肥大ノウハウ完全版】筋トレ・サプリ・休養方法を全て完全網羅!

 

今回は、筋トレで結果を出すために必要な3つのことについて、簡単に説明します。

筋トレで結果を出すために必要なこと①効果的な筋トレ

まずは、効果的なトレーニングをしないと筋肉は成長しません。

効果的なトレーニングは、『正しいフォーム・回数・重量・セット数・インターバル』など様々な項目がありますが、どんなトレーニングが効果的なのか理解していますか?

例えば、筋肉を大きくしたいのか、その部位を引き締めたいのかによって適切な回数は変わってきます。

筋肉を大きくする筋肥大が目的の場合(たいてい男性が多い)は、ギリギリ10回できるくらいの重量で10回のトレーニングを3セットほど行うのが適切です。

それに対して、引き締めたい場合(たいてい女性が多い)は、ギリギリ20回できるくらいの重量で20回のトレーニングを3セットほど行うのが適切です。

このようなトレーニング知識をコチラの記事で解説しているので、詳しく知りたい方は参考にしてみて下さいね!

【筋肥大ノウハウ完全版】筋トレ・サプリ・休養方法を全て完全網羅!

筋トレで結果を出すために必要なこと②必要量の栄養摂取

いくら効果的な筋トレをしていても、筋肉を作るための栄養を摂取していなければ筋肉は大きくならず、筋トレは失敗してしまいます。

筋肉を作る栄養素と言えばタンパク質のイメージ強いですが、では筋トレで結果を出して筋肉をつけようと思ったら、1日にどのくらいの量のタンパク質を摂取する必要があるでしょうか?

また、どういったタイミングでタンパク質を摂取するのが効率的で効果のある方法なのでしょうか?

 

答えは、体重×2gのタンパク質を摂取する必要があります。

例えば、体重70kgの方でしたら、1日に必要なタンパク質の摂取量は140gになります。

そしてタンパク質は、炭水化物や脂質のように摂取しても吸収されなかった分は脂肪として体内に貯めておくということはできず、体外に排出されてしまう性質があります。

タンパク質は摂取してから約3時間後に排出されてしまうので、3時間置きに摂取してあげるのが理想です。

といったことや、タンパク質の他にも筋肉を作るサポートをしてくれる栄養素があるので、それらについても詳しく知っておくと、筋トレで結果を出すことができるでしょう!

詳しく知りたい方はコチラの記事を参考にして下さいね!

【筋肥大ノウハウ完全版】筋トレ・サプリ・休養方法を全て完全網羅!

筋トレで結果を出すために必要なこと③適切な休養

効果的な筋トレをしていても、休まずにトレーニングし続けていたら、筋肉は成長してくれません。

僕も昔に柔道で結果が出ていない時期に、焦ってムチャクチャな量の練習を行っていたことがあったのですが、強くなるどころか相手の道着を握ることができなくなるまでに筋力が落ちていって、オーバーワークになってしまいました。

そのときは、コーチの先生や整骨院の先生にしっかりと休むように言われて、勇気を出して休んで何都k復活出来たのですが、休養の重要性を学びました。

 

例えば、筋トレってどれくらいの間隔で行うのが適切だか分かりますか?

1日おきでしょうか?2日おきでしょうか?

実はそれぞれの筋肉によって回復するまでの時間が違います。

ですので脚の筋肉が回復するまでの期間と、胸の筋肉が回復するまでの期間は全然違います。

そういった休養のリズムも知っておかないと、筋トレで結果を出すことはできません。

詳しく知りたい方は、コチラの記事をご覧下さいね!

【筋肥大ノウハウ完全版】筋トレ・サプリ・休養方法を全て完全網羅!

筋トレが続かない7つの理由とは?

ここまで筋トレを続けるための解決策を紹介してきましたが、実際にこの解決策で筋トレが続かない理由を解決出来るのでしょうか?

筋トレが続かない理由①仕事で忙しい

朝8時に出社して家に帰ってくるのが22時過ぎとかっていう生活をしてたら、ジムに行く暇はないですよね…(汗)

実は僕は会社員だった時の生活も仕事がメチャクチャ多くて、朝8時頃に出社して家に着くのは24時を回っていました。

それでも仕事が終わらず土日は家で仕事してる生活で、なかなか寝られずストレスが溜まり、挙げ句の果てには『うつ病』を発症してしまい退職しました…(汗)

結構波瀾万丈な人生なんです…(笑)

幸いなことに仕事を辞めてからは、仕事のストレスから解放されて病状は回復していきましたが、当時の僕は仕事の忙しさで一切筋トレも柔道もできていませんでした。

ストレスで食べてばっかりで体重もドンドン増え、不健康な状態でした。

 

ここまでの忙しさの人に「筋トレやりましょう!」とはさすがに言えないです…(汗)

当時の僕に対して、今の僕が「仕事は良いから、筋トレやりなよ!続けられるんでしょ?」とか言ってきたら、ぶん殴ってしまいそうです(笑)

ただ、ここまで忙しくなかったら、30分だけでも筋トレする時間を作れれば、効果的な筋トレをすることはできます!

 

ちなみに今の自分が過去の僕の状況になったら、なんとか仕事量を減らしてもらうか、他の人に仕事をパスしてでも、筋トレや健康維持、ストレス発散の時間を作ることを優先すると思います。

筋トレをして健康管理をすることで、ストレス発散にもなるし、テストステロンという男性ホルモンが分泌され、集中力が増したり、仕事への意欲が高まったりと生産性の向上にも繋がります。

 

ですので、仕事がメチャクチャ忙しい人はなんとか時間を作って筋トレをする。

30分でも時間が作れる人は筋トレをやりましょう!

そうすれば結果が絶対出るので、楽しくなって自然と筋トレを続けたくなります!

筋トレが続かない理由②仕事で疲れている

仕事で疲れていたら、確かに筋トレに行くのが面倒になりますよね…

しかし、筋トレで結果が出て筋トレが楽しいものになれば、仕事で疲れていてもジムに行きたくなります!

 

それに、仕事での『脳の疲れ』と筋トレでの『肉体の疲れ』は別物です!

むしろ仕事が終わった後に疲れているなーと思っていても、筋トレをして身体を動かせば、全身の血流が良くなって、脳に溜まっている老廃物も流れてむしろ疲れが吹き飛びます!

筋トレをすることで肉体もいい感じで疲れて、夜更かしせずにぐっすり寝ることができるので、翌朝の目覚めもスッキリします!

筋トレが続かない理由③筋トレがめんどくさい

確かに仕事終わりにジムに行ったりするのは、めんどくさいと思います。

しかし、筋トレで結果が出て、筋トレすることが楽しくなっていれば、遊びにいくようなウキウキ気分でジムに行くことができます!

めんどくさいと思ってしまうのは、つまらないことをやるからです。

自分が好きなことをやる時にめんどくさいとは思わないはずです!

ですので、まずは筋トレで効果を出すための知識を身につけて、筋トレで結果を出しましょう!

筋トレが続かない理由④体調を崩してしまった

確かに体調を崩したら、筋トレは行けないですよね…

しかも1回筋トレを休んでしまったら、休み癖がついてしまって、「今日も疲れてるから行かなくて良いかな…」と自分に甘くなってしまいます。

しかし、筋トレで結果を出すために必要量の栄養摂取をするので、全然体調を崩さなくなります。

僕がうつ病から復帰して、本格的に肉体改造を始めてからは、全然体調を崩さなくなりました!

ですので、しっかりと筋トレで結果を出すために栄養摂取していれば、体調を崩すことも無くなります!

筋トレが続かない理由⑤筋トレがつまらない

確かに、筋トレがつまらなかったら続かないですよね…

ですが、筋トレで結果が出れば、楽しくなるものなんです!

つまらないと思う時はたいてい、『頑張って努力しているのに、それに見合った結果が得られない時』です。

しかし、僕が教える筋トレで結果を出す方法を実践すれば、最低限の努力で最大の結果を効率良く出すことができます!

そうすれば、結果が出る楽しさを知り、次第に筋トレが面白くなり、続けることができるようになります!

筋トレが続かない理由⑥筋トレがキツくて辛い

確かに、筋トレはキツくて辛いです。

筋トレの効果を高めるためには、自分の限界を超えていく必要があるので、毎回限界への挑戦をします。

毎回自分を極限まで追い込んでいくので、やっぱり僕でも辛いものは辛いです…(汗)

しかし、限界まで追い込むことで結果が得られることを知っているので、頑張ることができます!

人は、結果に繋がると確信している努力は継続することができます。

 

それに、筋トレで結果を出すために必要なことは、筋トレだけではありません。

必要量の栄養摂取と適切な休養も必要です。

ですので、筋トレがあまりにもキツくて辛いのならば、筋トレを100頑張るのではなく、筋トレの頑張りを60くらいにして、その分の努力を栄養摂取に回して、栄養だけはサプリメントも使って徹底的に極めるなどと他でバランスを取るのもアリだと思います!

筋トレが続かない理由⑦筋トレで結果が出ない

確かに、頑張って筋トレしているのに結果がでないのは辛いですよね…

僕も柔道で全然強くなれなかった時は辛くて辛くて仕方ありませんでした。

しかし、僕がお伝えする筋トレで結果を出す方法を実践してもらえば、確実に筋肉は成長します!

あなたの努力を無駄にしないためにも、正しい努力の方法を学んでほしいと思います!

筋トレが続かない原因は解決出来ましたか?

いかがでしたでしょうか?

僕の解決策『筋トレで結果を出すための正しい知識を身につけること』で、あなたの筋トレが続かない原因は解決出来そうですか?

僕のシミュレーションでは全ての理由を潰せたので、解決出来ていると思いたいです!(笑)

ぜひ、最小限の努力でラクして結果を出すために、正しい努力の方法を学んで下さい!

正しい筋肥大の方法を知りたい方はコチラの記事を参考にして下さいね!

【筋肥大ノウハウ完全版】筋トレ・サプリ・休養方法を全て完全網羅!

 

筋トレが続かない理由の解決法!

筋トレが続かない理由の解決法!
8.8

解決度

10.0 /10

具体性

10.0 /10

信頼性

10.0 /10

手軽さ

7.0 /10

効果が出る期間

7.0 /10

基本情報

  • 筋トレで効果を出る知識を身につける
  • その知識を実践する
  • 最速最短で結果が出る
  • 結果が出る喜びを知る
  • 筋トレが楽しくなり、続けられる!

こんな人におすすめ!

  • 筋トレが続けられない人
↓↓さらに効率的に肉体改造をしたい人は、コチラの記事も必見!↓↓