男性ホルモンの1種であるテストステロン。

男性が生きるために重要なホルモンで、骨や筋肉の形成、性欲、バイタリティーなどを左右します。

テストステロンが少ないと、弱々しい印象になってしまいますし、精神的にも弱気になってしまいます…

つまり、テストステロンの量が男性の価値や魅力を左右すると言っても過言ではありません!

 

そんな男性に不可欠のテストステロンの効果を理解すれば、明日からあなたは1ランク上の男性になり、周りのライバル達に1歩差をつけることが出来るはず!

この記事ではテストステロンの効果をどこよりも分かりやすく解説しているので、ぜひ最後まで読んでいって下さいね!

 

テストステロンとは?

テストステロンとは男性ホルモンの1種で、男性は精巣から95%、副腎から5%が作られ、女性は卵巣や副腎で男性のテストステロン量の約5〜10%ほどが作られます。

お母さんのお腹にいる胎児の時にテストステロンが大量に分泌されると男の子になるくらい、テストステロンは男らしさを決定づけているのです!

特に思春期の時期はテストステロンの分泌量が増えて、ひげが生えてきたり、男らしい身体つきになったり、声変わりしたりと大人の男性に成長していきます。

個人差はありますが、20歳頃にテストステロン量はピークを迎え、そこから年を重ねるごとに段々と分泌量は低下していきます。

テストステロンの1日の分泌量

(出典:http://www.nissui.co.jp/)

20〜30歳の男性が1日に分泌するテストステロンの量は、約7mg前後と言われています。

ピークのこの時期を境に、特に何も対策をしなければ年に1〜2%ずつ減少していきます。

テストステロンと日常生活の関係性

テストステロンは男らしさを左右するホルモンなのですが、昔にさかのぼると『オスらしさ』を左右していたと解釈することが出来ます。

群れで生活していたオスは、自分の縄張りを守るために攻撃的になりますし、集団を統率するために強くあり、考えをしっかりと主張します。

実際に犬は縄張りを広げるために電柱におしっこをしてマーキングしますが、年を重ねてテストステロン量が減ってくると、電柱におしっこをする回数は減ってくるのです!

この行動はテストステロン量が多い現代人にも当てはまり、強くて考えがはっきりしている男性はテストステロン量が多く、自分の意志がはっきりしていなかったりナヨナヨしていたりする男性はテストステロン量が少ないのです!

 

また群れで生活しているオスは、巣を離れて狩りに行く時にはテストステロン量が増え、巣に戻るとテストステロン量が安定します。

これもまた現代人の男性にも当てはまり、仕事に行くときはテストステロン量が増え、家に帰ってきたり子どもをだっこしたりするとテストステロン量は少なくなります。

指の長さで分かる!?テストステロンチェック!

指の長さを見るだけでテストステロンの多さが簡単に分かるチェック法があります!

薬指が人差し指よりも長い人は、テストステロンの量が多い人だと言われています。

(ちなみに僕は薬指の方が長いので、テストステロンが多いみたいです!やったね!笑)

大相撲力士142人を対象に薬指と人差し指の長さを測り、番付と勝率を比較した研究があるのですが、薬指が長い力士ほど高い実績を出していたみたいです!

テストステロンの12の効果!

男の魅力を左右するテストステロンですが、その効果を詳しく見ていきましょう!

筋肉がつきやすくなり、男らしい身体になる効果!

テストステロンが多いと、筋肉の形成が促され筋肉がつきやすくなります!

同じ量の筋トレをしても、テストステロン量が多い男性の方が圧倒的に筋肉がつきやすいのです!

筋肉のついた男らしい身体になるためには、テストステロン量を増やすことが重要ですね。

精力(性力)が増強されて、夜の生活に強くなる効果!

テストステロンは性欲や男性機能を司る男性ホルモンです。

テストステロンの量が少ないと、ED(勃起不全)になってしまったり膣内射精障害になってしまったりと性生活に困難が生じます。

一方テストステロン量が多い男性は、アソコのサイズも大きく、精液量や回数も多くできるのです!

「最近夜の元気が無いなあ…」と感じている方は、もしかしたらテストステロンが少なくなっているのかもしれませんね。

アンチエイジング効果で、若々しくいられる効果!

テストステロンは、細胞の中に入っている「ミトコンドリア」の健康を保つために重要な働きをします。

ミトコンドリアは様々な役割をするのですが、一言で表すとしたら「細胞にエネルギーを送る役割」をしています。

このミトコンドリアの働きを活性化することで、細胞にしっかりとエネルギーを送ることができ、年齢を重ねても若々しくいることが可能になるのです!

決断力や判断力が向上する効果!

群れを率いるオスは重要な決断を下したり、状況を冷静に判断する必要があります。

その名残でテストステロン量が多い男性は、決断力があって判断力に優れるのです!

一方テストステロン量が少ないと、優柔不断でいつまでたってもクヨクヨ決められない人が多いのです…

記憶力が向上する効果!

テストステロンが増えると、脳の働きが活性化します!

その効果の一つに記憶力が向上するというものが挙げられます!

もちろん先ほどお伝えした決断力や判断力が向上するのも、脳の働きが活性化したからですね。

一方でテストステロン量が少ないと、頭が働かなくなって落ち込みやすくなってしまいます。

頭の回転を速くして生活を充実させるためにも、テストステロンを増やした方が良いですよね!

やる気が溢れ出してくる効果!

テストステロンはやる気の源であるドーパミンという成分の分泌に関わっています。

テストステロンが増えると同時にドーパミンの分泌量も増え、やる気が湧き起こってくるのです!

モチベーションが高まりチャレンジ意欲が出てくるので、ポジティブで前向きな考えになれます!

一方でテストステロン量が少ないと、ドーパミンも少なくなるのでやる気が起こらず、鬱々とした気分になってしまいます。

最近落ち込みやすくてネガティブな人は、テストステロン量が少なくなっているのかもしれないですね。

成功者になれる確率が上がる効果!

テストステロン量が増えると、脳の働きも良くなりやる気も出てくるので、努力している分野で成功しやすいという効果もあります!

実際に各方面で成功している経営者やアスリートの人たちを対象にテストステロン量を測った研究があるのですが、一般の男性に比べて圧倒的にテストステロン量が多いことが明らかになっています!

あなたも成功したいのなら、テストステロンを増やすのも手かもしれないですね。

表現豊かになる効果!

テストステロン量が増えると表現や表情が豊かになる効果もあります!

マンチェスター大学のココナー博士によると、テストステロンが一定以上になると言語能力が高くなり、表現力がアップするということが分かりました!

一方テストステロン量が少ないと、コミュニケーションが上手く取れなかったり、無表情で無愛想な印象になってしまうということですね。

女性にモテる効果!

テストステロンが多い人はここまでお伝えしたように、

  • 筋肉があって男らしい見た目!
  • 夜の生活も強い!
  • アンチエイジングで若々しい!
  • 頭脳明晰で決断力がある!
  • やる気に溢れチャレンジ精神がある!
  • 成功者の人が多い!
  • コミュニケーションが上手く、表情豊か!

といった特徴を持っています。

 

そんな男性が女性にモテないわけ無いですよね!(笑)

実際にラット(ネズミ)を対象に行われた実験では、メスから人気のないオスのラットにテストステロンを注射したところ、いきなりそのオスのラットにメスのラットが群れだしたという結果が報告されています。

テストステロンはモテない男をモテる男に変える力があるんですね!

 

また、学生時代を思い出してみて下さい。

よくモテてたやつは大抵ヤンキーや不良じゃなかったですか?

これは女性は強い男性に惹かれるということで、テストステロンが多い男性に女性が集まるということで説明がつきます。

つまり、女性にモテるためにはテストステロンを増やすことが重要なのです!

生活習慣病やメタボの予防になる効果!

テストステロンは、男性としての魅力を高める効果以外にも健康増進効果もあります!

テストステロンは一酸化窒素(NO)の分泌を促す効果があることが理由です。

一酸化窒素(NO)は血管や臓器に有害物質が溜まってしまうのを防ぐ効果があるため、血液の状態を正常に保つことが出来るのです!

血液の状態が正常に保たれれば、生活習慣病やメタボのリスクを下げることに繋がります。

現在体脂肪が気になる方や生活リズムが不規則な方は、生活習慣病やメタボ予防にテストステロンを増やすことを検討しても良いかもしれないですね!

うつ病の予防と改善が出来る効果!

テストステロンは先ほどもお伝えしたように、やる気を起こす成分であるドーパミンの分泌と関係があります。

うつ病になる人はドーパミンの分泌量が少なく、気分が落ち込んだ状態でいることが多いです。

ですので、テストステロン量を増やしてドーパミンの分泌を促進させれば、ポジティブになってうつ病の改善や予防に繋がります!

痛みをやわらげる効果!

プリンストン大学の研究で、テストステロンを注射されたスズメは、注射されていないスズメよりも3倍痛みを耐えられたという研究結果があります!(なんて残酷な実験…汗)

格闘家も身体を鍛えていてテストステロン量が多いはずなので、痛みにも強いのですね!

日常生活で痛みを耐えるという機会はあまり無いですが、痛みに強いに越したことは無いですね!(笑)

逆にテストステロン量が少ないと、どうゆう効果があるの…?

先ほどもお伝えしたように、一般的に男性は20歳をピークにテストステロン量が減少していってしまいます。

ですので、20歳以降の男性は何も対策をしていない場合、年々テストステロンが少なくなっています。

ではテストステロン量が減るとどうゆう効果があるのでしょうか…!?

先ほども少しずつ紹介してきましたが、まとめてお伝えしますね!

肉体面:身体の調子が悪くなる…

テストステロンが少なくなってくると、肉体面では、

  • 筋肉量の減少
  • 抜け毛が増える
  • 肌の老化が進む
  • 身体がほてってしまう
  • 何もしてないのに汗をかきやすくなってしまう
  • 頭痛がする
  • ED(勃起不全)
  • 膣内射精障害

などが挙げられます。

精神面:ネガティブな気持ちになり鬱々としてしまう…

『何となくやる気が出ないなぁ…』とか『何とも言えない不安感がある…』とか『なんだかよく眠れない…』などそういった不調を感じた時、日々の疲れやストレス、加齢のせいだと決めつけていませんか?

その不調、実はテストステロンの減少が原因かもしれません。

 

テストステロンが減少すると、精神面では、

  • やる気が出なくなる
  • 不安な気持ちになる
  • 不眠になる
  • 優柔不断になる
  • 物覚えが悪くなる
  • 無表情になる
  • コミュニケーション能力が低下する

などが挙げられます。

男性型更年期障害の原因!?

先ほど挙げたテストステロンが少なくなると現れる現象は、更年期障害と言われる45〜55歳の女性に訪れる不調と同じような症状です。

40歳以降の人生が充実する時期のはずの男性に訪れるこうした不調は『男性型更年期障害』と呼ばれ、近年注目されています。

人生を楽しく歩むためにも、テストステロンを増やして男性型更年期障害の対策をするのは重要ですね!

テストステロンが減る=男としての魅力が無い!?

テストステロンの分泌量が減ることは、オス(=男性)として生きていく上での筋肉や強さ、性的魅力がないと言うことを意味しています。

ストレートに言ってしまえば、『テストステロン量が少ない男性は、男としての魅力が無い』と言うことになります。

テストステロンをしっかりと増やすことで、例え年齢を重ねたとしても男性として魅力的であり続けることは可能です!

 

テストステロンを増やすための方法はこちらの記事でまとめてあるので、ぜひ参考にして下さい!

>>『【完全版】男らしくなるためにテストステロンを爆発的に増やす方法13選』

 

テストステロンを増やすためには筋トレをしたりダイエットをしたりと、正直手間がかかることが多いです。

ですので、手っ取り早くテストステロンを増やしたい方は、専用のサプリを飲むことをおすすめします!

テストステロンを増やすおすすめの安全なサプリを知りたい方は、こちらの記事を参考にして下さいね!

>>『【2018年版】テストステロンを増やすサプリおすすめランキング!』

 

テストステロンとは?モテたり筋肉がつくなど12の効果を徹底解説!

テストステロンとは?モテたり筋肉がつくなど12の効果を徹底解説!
9.8

解決度

10.0 /10

具体性

10.0 /10

信頼性

9.0 /10

専門性

10.0 /10

分かりやすさ

10.0 /10

基本情報

  • テストステロンの効果を解説しています!
  • テストステロンは男性にとって非常に重要!

こんな人におすすめ!

  • テストステロンについて知りたい人!
  • テストステロンの効果を知りたい人!
↓↓さらに効率的に肉体改造をしたい人は、コチラの記事も必見!↓↓